NY百花繚乱 - 差し伸べられた手

私が今日在るのは今まで本当に様々な人の出会いと真心のこもった多くの救いの手のお陰です。その中でも私をサグハーバーに導いて下さったたか子さんの死はとりわけ辛かったです。1983年の12月に彼女がこの世を去り、私は丁度その年のクリスマス前にブルーミングデールデパートに近いE60丁目にお店をオープンしました。その頃はお金も充分無かったので私は店の一角で寝泊まりするつもりでした。

私のお客さんでブリッジハンプトンに大きな家を持つトニーと言う人がいました。私好みの大変ハンサムな方で私は彼がお店に入って来ると何時もドキドキしておりました。あの頃彼はたぶん40代初めだったかと思われます。残念ながら彼にはすでに美人のガールフレンド、パメラがいました。トニーがある日どこに住むのかと私を気にかけてくれて質問しました。それで私は正直に住む所が無いと答えると、彼はひとつの提案を出しました。彼は不動産デベロッパーで 250 Mercer Street に彼が空きのアパートを幾つか所有していると言うのです。でもコンドミニアムとして売りに出される予定があり、それが決まったら出るという条件で住んでも良いと言うのです。家賃は私のアンティークと交換すると言うことでお互い合意しました。ドアマンが何人もいる大きなビルです。私の部屋はStudioのワンルームでしたが天井がとても高くロフト式のハシゴがついているので結構な広さがあります。私は週末はサグハーバーに出かけて店をオープンするのでマンハッタンのアパートに居るのはウィークディだけです。あの頃はブロードウェイの反対側に大きなタワーレコードがありました。アパートは直接ブロードウェイに面していないのですが消防車やポリースカーのサイレンの騒音が凄いのです。朝は夜明け前に大きなゴミ収集のトラックが轟音を響かせます。

私はそのアパートに1983年の暮れから1985の半ば迄住んでおりました。トニーは灯火器が好きなので江戸時代の銅製のろうそく立てなど幾つか持って行きましたが途中から彼はもう持って来なくていい、と言ったのでそれきりになりました。トニーはその後パメラと結婚をして可愛い娘のサブリナが生まれ、彼女がまだ幼い頃ブリッジハンプトンのサマーハウスに何度か行きました。もうサブリナも大きくなって結婚しているかもしれません。

トニーと会ったのは2007年12月初旬マイアミで開催された大掛かりなアートイヴェント”アートバーゼルマイアミ”の会場です。そのスケールはまさに度肝を抜くほどでとてもとても全部見て回れるものではありません。プライベートジェットが全米から250機ほど飛来したと新聞に書いてありましたのでその規模がおおよそ想像出来るかと思います。あんな大きなところでまさかトニーと偶然会うなんて驚きましたが、長く会っていなかったのでとても懐かしかったです。

ふと今思い出しました、トニーの誕生日は明日の6月14日です。もう彼との連絡方法は失くしてしまいましたが元気にしていたら幾つになるのでしょうか。共通の知り合いがいるので探し出して連絡と取ってみようかと思ってます。

f:id:NYhyakkaryoran:20170804000915j:plain

トニーのワイフのパメラと娘のサブリナ