NY百花繚乱 -   終活四方山話し

 

今朝のクローズアップ現在で”遺譲”と言う聞きなれ無い言葉を聞きました。最近は”断捨離”などと言う言葉も飛び込んできます。何となく言葉のイメージでその意味が浮かんできますがどれもこれも我々団塊世代が身近に迎える事柄ばかりなので身につまされます。まぁ、家族を持た無い者にとっては法的にきちんとした準備をしておくに越したことは無いと現実問題として取り組んで行こうと思っております。

10月で今住んでいるこのアパートのリースが切れますので要らない物を処分するにはチャンスです。今月いっぱい迄はのんびりして10月に入ってから本格的に腕まくりして片付けに取り掛かる積りです。要らない物は捨てるか寄付するかを選別する(これがなかなか大変な作業)、いっそ目隠しして全部捨てると言う選択肢もあります。聞くところに寄ればあの石田あゆみさんは身辺を全部処分されたそうで友達が来ると自分のコップを持って来てくださいと言うほどの徹底ぶりだそうです。もうそうなれば達人と言うよりか仙人の境地になられたのかと心底尊敬します。なかなかそこまでは凡人は徹底出来ません。やはり自分の好きなモノには執着があります(人間には余り無いのですが)。

中犬サイズの犬を飼いたいと思っているのですが一旦飼いだすと執着の権化になるのでは無いかとこれも飼う前から不安になってきます。ひとり暮らしは人と話す機会も少なくなるのですからペットの犬と会話するって想像しただけで嬉しくなります。ワンちゃんは吠えても文句は言いません、余計な当てこすりや愚痴も言いません。そこに存在しているだけで充分です。サイズも小からず大きからずがいいですね。病気の時に私が抱きかかえられる重さがいいです。短毛であること、見た目の可愛い犬はダメ、ブス犬かそうでないかの見極めが難しいと言うのが理想です。マッチョタイプが好き、ボストンテリアなんかいいですね。ジャックラッセルもいいけどテリア種はどうしてもハイパーだから運動量が半端で無いところがありますので慎重に候補を考えます。犬の中でいちばんインテリジェンスなのはプードルだと聞いたことがあります。でもあれは毛が長いからダメ。いちどフサエさんと冷凍の魚の山を猫を50匹ほど飼っていたおばさんの家に運んだことがありましたが、もうどこを向いてもネコネコネコの異様な世界でした。私はネコアレルギーがあるので早々に退散しましたがやはり私は犬派です。私の言うことをちゃんと聞いてくれる、そして何時お散歩に連れて行ってくれるのかじっと待っているワンちゃん、もう私は名前まで用意して自分の気に入った犬を待ち望んでいるのです。でも殺処分のされる犬を思うとそれは犬にとってのアウシュビッツなので救ってあげたいとも思っております。殺処分される犬の保護団体がネットでそんな可哀想な犬の里親探しの活動をしているのでしょうか。アレ、終活についての話しが犬の話しになってしまいました。終活を犬の里親探しに捧げてもいいではないか、と思えてきました。まぁ、この問題はゆっくりと考えみます。

NY百花繚乱 -   また消えた!

 

車がまた忽然と消えました。月曜日の夜10時頃Con Edisonの高圧変電所横から動かしたのです。ほんの20mほど先の丁度Hudson St. と Plymouthの角近くにスペースがあったので停めたことは確かなんです。パーキンサインも確かめました。Gold Streetのイーストリバー沿い辺りは映画の撮影で月、火とパーキンク不可とあったのでサインの無い場所を確認して停めたのです。ところが水曜日に車を動かそうと思ったら私の車がそこにあるべき筈が無いのです。一週間前も探し回ってやっと見つけたら丁度トラフィックオフィサーがチケットを切っているところに遭遇してチケットを切られてしまったばかりでした。何時もはBineger Hill近辺にパーキングしているのですがしばしば混乱してしまうことは事実です。私には3年前にSOHOでパーキングし私の勘違いでポリスと友人のKさんを巻き添えにして大迷惑を掛けてしまった前科があるので今回も慎重を期しました。水曜日は結局私が停めそうな場所をあちこち探してみましたが無いので諦め、昨日の木曜日は歩いて7分位のBrooklyn Navy Yardに行きましたがトーイングされて無いと言われました。この時点でこれがGood NewsかBad Newsか判断出来ません。あの凸凹の車を盗むとは考えられ無いのですが車の中はフリマの商品であるガラクタ満載です。盗まれたとしたら考えようによっては返って清々するようなものばかりです(困ることは困りますが)。今朝は念のためもう一度付近を探し回りチャイニーズが経営するトラック修理工場にもチェックに行きました(昨年プライベートカンパニーにトーイングされた)。そこにも車が無いので仕方無くお隣りの84分署に行き説明しまた。外に出ていたポリスに事情を話すと中に入れてくれて即パソコンで捜査してくれました。

過去のデーターは全部出て参ります。結局その割りと小柄のポリスにパーキングした現場に行ってそこから911に電話しろ、と指示を受けましたのでまた最後にパーキングした場所迄行って911に電話しましたが幾ら待てども来る様子が無いのです。30分ほど経ってからもう一度電話しましたが当てにならないので仕方無く84分署(私の住むアパートの真横)に戻り、また外で数人たむろしていたポリスのひとりに事情を説明しました。そのシルベスター、スタローン似のポリスに誰と話したかと聞かれましたが名前まで聞いていなかったので”小柄でたぶんイタリアン系のポリスだと思う”と答えました。すると今度はタバコを吸ってたか、と聞かれました。そう言えばその小柄なポリスは外に出るや否やタバコを指に挟んでいたのを思い出して”そうそのポリスだ”と言いました。He kills himselfとか何とか言いながらスタバのアイスコーヒーを片手に持ちながらそのポリスは外に停めてあるポリスカーのボンネットでタブレットを眺めながらデーターを探してくれました。どうやら女性のポリスとチームになっている様子です。それでまたもやポリースカー(昨年も約1時間乗せて貰った)に乗り込み周辺捜査に出かけたのですが途中で電話が入り、どうやら別のチームが私がパーキングしていた場所に行った様子で急遽そこまで行くことになったのです。

そこで聞けば私の車は96分署の所属するポリースカーがライセンスプレートレコーダーに記録が残っていると云うのです。その写真が写されたのは丁度金曜日の午後2時45分と云うのですから間違いなく路上にあるのです。しかし、写真にはどのローケーションでその写真が撮られたかは不明とのこと。私は現場で別の二人の男のポリースマンの車に乗り換えとりあえず84分署に戻ることになりました。面白いのは行きも帰りもそれぞれのポリースマンが同じ質問をするのです”どうしてこんな遠いところでパーキングするのか”と問うのです。一階がスタバになっている横に室内パーキング場があるではないか、と云うのですが、一泊43ドルもするところに停めてられないと反論。期せずして同じ質問を若いポリースマン二人に聞かれたのですが歩いてもたかだか10分ほどの距離ですので私にとっては43ドルを払うことを思えば何でも無い距離です。

84分署に戻ってから私の車のキーを渡して私はアパートに戻りました。3回ほど電話がありましたがまだ捜査中とのこと、それでやっと6時過ぎに車が見つかったと連絡が入りましたので下に降りて真横の分署に行きポリースカーに再び乗り込みました。今度は黒人の女性ポリスです。車は普段私が絶対に停めないような場所に停められてました(近くのリカーショップは全商品が防弾ガラスで完全防御)しかし車のキーは別のポリスが持って行ったままなので動かすことが出来ません。私はサインを確認してから20分ほど待たされた挙句に女性ポリスに84分署まで車で送ってくれ、車のキーはロビーのコンシアージェに渡しておいてくれ、明日車を動かすからと訴えたのですが”第三者に車のキーを渡すわけにはいかない”ともっともな答えなので結局30分以上も待たされてやっと男組みチームが戻って参りました。そこでキーを受け取り、またまたその男組みチームの車に乗り込み84分署の前で解放されました。この男組みチームの相棒の若い白人の男は呆れるほどアタマの悪いオトコで何度も同じ質問を繰り返し聞くのです。二度迄は私も説明しながらも許しますがこれが三度目となると急に私の血圧は145から250に急上昇するのです。どうやら質問しても相手の答える説明を全く聞いて無い様子です。このアタマの悪いポリスは帰りの車の中でも同じ質問をまた繰り返してました。私には白人も黒人もイエローも何でもいいのですがこのアタマの悪いのだけは”勘弁しておくんなせーまし、お代官様”なんです。

高学歴だと言って安心してもこの手のアタマの悪いのは世の中結構いるんです。その世界的代表格があのトランプ氏です。彼に理念など高邁な思想などあるわけありません。支持率が下がったと言えどまだ40%支持しているアメリカ人がいるのですからアメリカ人の知的水準があの程度だと思えば間違いありません。始末の悪いことにこの種の人間は自分がバカである自覚が全く無いので夜店の金魚すくいの破れた紙同様”救いようが無い”んです。

まぁ、車は無事ありましたのでホッとしました。どうやら凸凹道の工事の為に移されたそうですが、それなら電柱に張り紙を貼っておけ、と声を大にして叫びたい、ちなみに車の相談は911では無くて311に電話するんだそうですがそれは知ってましたがネービーヤード迄行って確認したのですから311に電話はしなかったのです。まさか何のサインも出て無かったのに車が移動させられているとは考えもしなかった次第でした。お陰でポリースカーに3回も乗り換えさせられました。今回の騒動でポリースカーの一部にはライセンスプレートを自動的に取り込むGPSレコーダーを搭載している車が存在していること、あんなアタマの悪い人間でもポリースマンになれるんだと云う発見がありました。

f:id:NYhyakkaryoran:20170903014223j:plain

車をパーキングした角の家は窓にベタベタとポスターが貼られており、ヒッピーなどと云う懐かしい言葉もありましたので多分オーナーは同世代でしょう。Jim Morrisonなんて懐かしい。

f:id:NYhyakkaryoran:20170903014250j:plain

f:id:NYhyakkaryoran:20170903014317j:plain

この建物は優に100年以上経っていそうな感じです。ここからペリー提督の屋敷はすぐ側です。提督の屋敷近くでお掃除しているおじさんがいたので屋敷のことをよほど聞きたいと思いましたが車探しを優先した次第です。

f:id:NYhyakkaryoran:20170903020319j:plain

 移動した車のワイパーに挟んでどうするんだよ〜、しかも日付が9月28日だって!

 

 

 

 

 

NY百花繚乱 -   Identityの踏み絵

 

先週の金曜日の夜10時からABC放送の20/20(Twenty Twenty)を何年振りかで見ました。80年代から90年代の初頭迄わりと良くこの番組を私は見ておりました。当時はバーバラ、ウォルターともうひとりが交代でインタヴューしておりダイアナ妃をインタヴューしたのも彼女です。私は何かしらこのバーバラのちょっと鼻持ちならない氣分が好きになれなかったのですがいちど彼女がクリストファー、リー(元スーパーマン役で人気を博し落馬事故で首から下が麻痺になった)と彼のワイフをインタヴューした時のことです。バーバラがリー夫妻にビックリするようなこんな質問をしたのです”あなた達のセックスライフはどうしているのか?”。この質問を聞いて私は呆れ果てました。日本人の感覚からしたら大変失礼な質問だと思うしこんな無神経な質問をする彼女のセンスを疑いました。

先週の金曜日の放送はアメリカ人の中年の男性が奇病で死の淵から助かったものの免疫システムが破壊されて両手両足が壊疽し、結果切断せだるを得なかったのです。両足は具足が進歩しているので歩行には問題がありません。しかし片手は指を殆ど失い、もう片方は肘から下は切断されてます。彼の異常に気付いて死の淵から救ったのは彼のガールフレンドで蘇生した彼は後に彼女と結婚するのですが、彼が8ヶ月待ってやっと肌の色、サイズ、血液型等合致する両手をドナーから提供を受け優秀な医者が13人のチームと18時間掛けて移植したのです。ドナーから提供される両手の鮮度を保つのは4時間半がリミットだそうですが、LAの空港から車で病院に届ける途中にオバマ大統領の訪問で大渋滞に巻き込まれハラハラしながらもやっとギリギリ病院に到着し待っていた医師団が早速手術を始めるのです。その手術のシュミレーションを長年やっていた医師が手術の手順を事前に説明をします。18時間の手術を終えた翌日は彼のワイフになった人の誕生日でその時移植した指の一本が奇跡のように動いたのです。移植した肘の途中からは大きな縫い目が不自然に段差になった新しい両手に接合させられてます。ドナーの両手はまだ若い男の両手のように見えましたが、私は途中で氣分が悪くなってチャンネルを切り替えました。内臓の移植ならともかくも顔面の移植、両腕の移植、これらは果たして日本人だったらアメリカ人のように素直に喜べるのか、と思ったのです。両手を失った人の悲しみや不自由さは想像を超えるものかと思います。しかしドナーから提供された”両手”、これを自分だったら移植を受け入れるだろうか。日本人とアメリカ人の死生観の違い、それを思うと私は両手や顔面の移植が日本人であるか、アメリカ人であるかの”踏み絵”のような気がしました。

 

f:id:NYhyakkaryoran:20170829072114j:plain

 

NY百花繚乱 -   我が朋友 みどりさん

 

みどりさんと昨夜彼女を見送りする車の中で話したのですが彼女がNYに来られたのは60年代初頭の頃だそうです。詳しくは聞きませんがたぶん学者であったご主人と一緒に来られたのではないかと推測します。祖母が何々小町と呼ばれたほど大変な美人だったそうです。何でも先祖が九鬼海軍の流れをくむ家柄だったとかでその小町婆さんは父親から田舎出の書生と無理やり結婚させられたそうです(斎藤茂吉の話しと同じ)。みどりさんがNYに来てからも昔の小町婆さんを知る人がいてその美人ぶりが話題になったほどだったそうです。

終戦の年は彼女がちょうど10歳。小学校の帰り集団下校していたらちょうどB29が連隊を組んで焼夷弾を子供を狙って打ち込んで来たそうです。いつもなら神社か近くの山に逃げ込んだそうですがそんな余裕が無く皆で田んぼの中へ逃げ込んだそうです。パイロットの顔を認識出来るほどの距離だったとかで、やっと襲撃が終わり立ち上がったのはみどりさんともう1人の級友だけが生き残ったそうです。自宅に帰りそのことを母親に伝えたら、お母さんの返事は”あぁ、そうか”だけだったとか、死が日常の身近なことだったので国民全体が人間的感情を殺してしまわないと生き延びて行けない、敵も味方も然り。みどりさんはまたこんな話しもしてくれました。ちょうど高校野球の終了の時に鳴るサイレン、あのサイレンの音を聞くと今でも無意識に体がドアの方に向かって勝手に行ってしまうそうです。10歳の女の子は戦争の始まりから終わり迄ずっと見つめていたのです。

昨日のフリマでみどりさんはメット(Metropolitan Museum)でお相撲さんが三人歩いていたそうで周りのアメリカ人が皆写真を撮っていたそうです。みどりさんはメットのテキスタイル修復部で25年間働いてリタイアした人で今でも毎週月曜日にメットで翻訳のボランティアに行かれてます。みどりさんは大先輩なのですが同じ関西出身なので仲の良い友達としてフリマを手伝って下さってます。そのお礼は私が作る手料理の数々です。私はいつも大量に作るのでとても食べきれずみどりさんに差し上げても結局残って捨ててしまうことがあります。これからは冷蔵庫お掃除助っ人に若い日本人の青年も加えることにします。残りもんだと言えば相手も気が楽でょうから。

みどりさんは9月6日から2週間ルーマニアに行く予定で来年ルーマニアで開催される日本とルーマニアの衣類の歴史展の下見だそうです。彼女の元同僚が企画してみどりさんは共同企画者としての訪問だそうです。

みどりさんは本当にお元気で歩く速度もとても速く私なんかいつも遅れてしまいます。来年はみどりさんと一緒にルーマニアに行きたいなぁと思っております。

 

じっとしているのが嫌いだそうでとにかくコマねずみのごとく動かれます。

f:id:NYhyakkaryoran:20170829001709j:plain

昨年のフリマでのみどりさん、今年は場所が変わって同じ側ですがもっと左寄りになってしまいました。サブウェイが通ると轟音で会話が途切れます。

NY百花繚乱 -   Brooklyn フリマとAfro Punk

 

昨日も晴天に恵まれアパートから歩いて12−13分の距離の場所に車で着いたのは8時半頃、早速ポーターに荷物を運んで貰って私はセットアップ態勢に入りました。何時もヘルプして下さるみどりさんは先週同様今回も地下鉄が週末の工事中の為2時間も掛かったそうです。私の右隣りは”Brooklyn Bob”と言うんだと他の業者から聞いていたのでまさか日本人だと思いませんでした。飾り付けしてある隙間から眺めているとこれが常に10名近くのお客さんで賑わっているんです。フリマが終わってから片付けるのも見事な手際でかなり熟練している様子。主にタイピンやジュエリーなどの小物が所狭しと客の興味を上手くそそるように飾り付けてあり、さすがと感心しました。みどりさんがやっと2時過ぎに来てくれる迄はスローで隣りの賑わいを指をくわえて羨ましく思っていたのですが4時前から5時頃まで俄然忙しくなり何とか最低目標額を何なくクリアして先週より上回りホッとしました。

6月末にチェルシーのアートギャラリーで出会ったジョンも4時過ぎに姿を見せ思わずハグハグ。このオジさんはとても饒舌でそれも私がワクワクするような面白いアートワールドの裏話しを次から次としてくれるのです。今回はジョンが育ったオハイヨ州の街で小さい頃によく乗っていたメリーゴーランドがブルックリンのダンボに置いてあり(私も見に行きました)、そのメリーゴーランドに纏わる裏話なんです。とにかくゆっくり座ってワインでも飲みながら聞きたい話しなんですが、何せこっちは話しの途中で客の世話をしないといけないわ、終わったらまたジョンの話しの続きを聞き、また客の世話と忙しいの何のって目が回りそうでした。でもジョン(Jonathan)の話題の豊富なこと、ちょっとこのオジさん躁状態ではないか、と思えるほどの銃舌ぶりです。言葉の端で私が若いと思えるような言動をチラッと漏らしましたが私は私で彼をひょっとしたら2つ3つ若いのでは無いかと睨んでいるんです(こちらの人はシワくちゃの婆さんでもお愛想に”Young Lady”と言うお国柄ですから)。でもどうやら察するに独身みたいでゲイでも無さそうで、見るからに人の良さそうなアーティストです。言葉のドッチボールをして会話を楽しむには持ってこいのオジさんです(キャッチボールはしたことが無いので慣用句と言えども自然とドッチボールになってしまいましたが今時の子供ってドッチボールなんかしたこと無いでしょうね)。

やっとみどりさんを車で見送り、これまたやっと車の路上パーキングを高圧線変電所横で停めて何度もサインを確認してアパートに着いたらちょうど9時半でした。今日もトレトレの若い子相手に大奮闘の1日でした。

f:id:NYhyakkaryoran:20170828222830j:plain

何度も確認したサイン、今日中に動かさ無いとまたオレンジ色の紙が貼られます。

f:id:NYhyakkaryoran:20170828222935j:plain

変電所脇に停めました。アチチのサインがおもしろい

f:id:NYhyakkaryoran:20170828223146j:plain

Ginegar Hillと呼ばれるこの狭いエリアは例のペリー提督のマンションがすぐ側にあり小さな画廊やレストランがぽつんとありいつもひっそり静まり返ってます。とても雰囲気のあるエリアで小さなレストランは看板も出していないのに何時も中はお客で賑わってます。昨年東京から来た友人とデーンさんがブランチに連れて行ってくれました。そのレストランのパンケーキは実に美味しかったです。大阪でもパンケーキを食べに行こうと思いましたがここで食べたパンケーキを超えるのはおそらく無いと判断して行くのを止めました。

f:id:NYhyakkaryoran:20170828230758j:plain

アフロパンクと呼ばれるイヴェントが毎年8月の週末に開催されていて大変な賑わいです。大音響で私の大嫌いな音楽がガンガン夜空に響き渡ってます。周辺一帯はローインカムのビル群が立ち並んでおり住民の殆どがアフリカ系アメリカ人です。この左横のゲイのお兄さんの姿はシースルーで背中とお尻が全開。若い女の子なら見好いもんですが、これはもうグロの世界。この信号を渡ると 前方に消防署が見えその右横に聳えているのが私が住むアパートです。

 

NY百花繚乱 -   パーキングチケットと青年

金曜日11:30am~1:00pm車を動かさないと行けないので少し早めに出たのですが車が見当たりません。うる覚えの場所を探し約30分近くかかってようやく見つけたのですがトラッフィク、オフィサーがすでに例のオレンジ色の憎っくき封筒に記入している最中にぶちあたりました。タッチの差でしたのでオフィサーのペンを握っている手を止めて見逃してくれと懇願しましたが無慈悲にもべった〜とワイパーに貼られてしまいました。11:45amでした。貼られたならば1時まで待つ必要が無いのでそのままアパートに戻りました。これからはケータイのマイクに録音しておこうと思いますがやったことが無いので念のためにメモ紙も用意します。昨夜は日本人の若い青年が夜景を撮影させて欲しいと言うので38Fのトップフロアーで食事しながら眺めを楽しみました。特製カレーにこれも特製ハンバーグを乗っけて、前日に作った大量の肉じゃが、サラダ等です。若い青年は美味しいを連発して全部平らげてくれました。気持ちの良いぐらいの食べっぷりでした。明日のフリマのランチのメニューは残りの肉じゃがとひじき、人参、油揚げの煮付け、パックになったイワシの甘煮です。創作カレーはまだ二度しか作っていませんがなかなか奥が深いようなので次回はチキンでやってみます。

  もくもくと 無心に食べる 若いひと

 

f:id:NYhyakkaryoran:20170827050216j:plain

途中で見たクラシックカー。車のことは詳しくありませんが昔唯一識別出来たのはいすゞベレット、通称”ベレジ”と呼ばれていた車です。あれはカッコ良かった。

f:id:NYhyakkaryoran:20170827050300j:plain

 

NY百花繚乱 -   川柳  我が闘争

 

闘いは 鋳型に嵌まらぬ 我のうち

口癖は 面白いこと無いかと 若い頃

唐衣 やっと脱ぎ去り 素に戻る

役割りを それぞれ担う 生き物よ

重たいわ 絆解いたら 楽になり

ひとり言 風にまとわり 飛んで行く

 

ふうばいか

f:id:NYhyakkaryoran:20170824235114j:plain

 朱鳳さんの書